/

この記事は会員限定です

「脱」24時間営業、警備業界に特需

セコムなど大手追い風

[有料会員限定]

コンビニエンスストアや飲食店で24時間営業を取りやめる動きが、警備業界に新たな需要を生んでいる。閉店時には侵入者検知といった付加価値の高いサービスが追加で必要なため、セコムなど大手の契約単価が上昇したり新規契約が増えたりしている。シャッター会社も開閉シャッターの新設需要を開拓する。人手不足を背景にしたビジネスモデルの変化で新たな商機が広がっている。

今夏以降、一部地域や実験的に24時間営業を見直す動きが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン