/

この記事は会員限定です

コニカミノルタ、橋の劣化を磁気解析

来年にも商用化

[有料会員限定]

コニカミノルタは橋の劣化の状態を、磁気を使って解析する技術を開発した。橋の内部に使用している鋼材に磁気を流して人工知能(AI)で解析し、途中で断絶していないか確かめる。外側から見てわかりにくい破損の予兆などを調べる。既に国内外の橋で実証実験を実施しており、2020年前半をめどに商用化する計画だ。

開発した技術は「SenrigaN(センリガン)」の名称でサービス化の準備を進めている。インフラの検査会社などを顧客に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン