上位に中部飼料やフタバ産業 在庫管理の効率で勝る

2019/12/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2018年度実績の製造業の回転率の上位には在庫管理の効率が良い企業が並ぶ。トップの中部飼料や3位に入った自動車マフラー最大手のフタバ産業は、売上高を材料や製品などの在庫(棚卸し資産)で割った回転率がそれぞれ17回、23回にのぼった。同業の平均はともに10回前後だ。

借金の重荷が小さく、資産規模を抑えている企業も生産性は高い。4位の電子部品を手掛けるホシデンや5位の東芝テック、6位で自動車用シート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]