ボーイング「737MAX」生産停止か縮小検討 米紙報道、運航再開見通せず

2019/12/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は15日、米航空機大手ボーイングが主力の小型旅客機「737MAX」の生産の停止かさらなる縮小を検討していると報じた。墜落事故に伴う運航停止命令の解除時期が見通せないため。同日シカゴで始まった取締役会で議論しているもようだ。

737MAXを巡っては2018年10月にインドネシアで、19年3月にはエチオピアで墜落事故が発生し、合わせて346人が死亡した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]