/

この記事は会員限定です

「タマネギで涙」 分子生成を解明

[有料会員限定]

東京大学

 ハウス食品グループ本社と共同で、タマネギを切ったときに涙が出る仕組みの一端を解明した。細胞の断面で涙を誘う分子ができる過程を、立体構造の観察やシミュレーション(模擬実験)で調べた。分子の振る舞いが予測できれば、遺伝子を自在に改変できるゲノム編集を使った品種改良などにつながる。

タマネギは外敵から身を守るために、細胞が壊れるとPTSOという刺激分子を出す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン