フェンシングW杯 松山と西藤、2回戦敗退

2019/12/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

フェンシング男子フルーレの高円宮杯ワールドカップ(W杯)第2日は14日、東京五輪テスト大会を兼ねて千葉市の幕張メッセで個人決勝トーナメントが行われ、日本勢は2回戦までに敗れた。

22歳の松山恭助(JTB)は2回戦でリオデジャネイロ五輪銀メダルのアレクサンダー・マシアラス(米国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]