スピードスケートW杯 高木美1000メートル2位 3000は国内新「発見あった日」

2019/12/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦第2日は14日、長野市エムウエーブで行われ、女子1000メートルは高木美帆(日体大助手)が1分14秒894で2位となった。小平奈緒(相沢病院)は1分15秒07で4位。今季無敗のブリタニー・ボウ(米国)が1分14秒34で優勝した。

高木美は3000メートルにも出場し、国内最高記録を更新する4分5秒17で5位に入った。

男子500メートルはビクトル・ムシ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]