ゴルフ賞金女王争い 熱戦の立役者
鈴木 年間7勝、終盤怒とうの進撃/渋野 得意の「逆転」、スマイルで魅了

2019/12/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

今季の女子ゴルフツアーは最後まで大きな盛り上がりを見せた。最終戦のLPGAツアー選手権リコー杯(1日まで、宮崎)では、鈴木愛と渋野日向子、史上初めて平均ストローク60台をマークした申ジエ(韓国)の賞金女王争いがギャラリーの目をくぎ付けにした。

最終戦前までの賞金ランキングは1位鈴木、2位申、3位渋野の順。鈴木に1511万円水をあけられていた渋野が女王に戴冠するには、優勝か単独2位に入るのが最低条…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]