/

この記事は会員限定です

EU、「英だけ得」許さず

首脳会議 貿易協定巡りけん制

[有料会員限定]

【ブリュッセル=白石透冴】12日投開票の英総選挙で欧州連合(EU)離脱を目指す与党・保守党が勝利したことを受け、EU首脳は13日、英国とは「権利と義務のバランスが取れた関係」をつくるべきだとの声明を発表した。EUは英国が離脱した後、2020年末までの貿易協定の妥結を目指す。EUの規制から外れながら自由貿易の恩恵を受ける「英国だけ得をする」かたちを許さない姿勢を打ち出した。(関連記事総合面に

声明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン