/

この記事は会員限定です

(222) 経済学者・宇沢氏の遺志

持続可能な生活 模索

[有料会員限定]

ひとりの経済学者がまいた種が芽を出し、しっかり根付いている。鳥取県米子市の「よなご宇沢会」の人たちと会って、その感を深くしました。その経済学者は、2014年9月に86歳で亡くなった宇沢弘文氏です。

私が宇沢氏の存在を知ったのは、氏が1974年に出版した『自動車の社会的費用』を読んだことです。当時、マイカーブームが起きていました。自動車はビジネスパーソンの夢でした。

□ ■ □

従来の経済学では、経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン