ツアーファイナル 渡辺・東野組が3連勝 「ここぞで全力」調整法磨く渡辺

2019/12/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【広州=堀部遥】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第3日は13日、中国の広州で各種目の1次リーグ最終戦が行われ、混合ダブルスB組の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)がインドネシアのペアを破り、3連勝で1次リーグを突破した。

女子シングルスでB組の奥原希望(太陽ホールディングス)はラチャノック・インタノン(タイ)を2-0で破り、3連勝で準決勝に進んだ。

女子ダブルスA組の福島由紀、広…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]