ローム、パワー半導体に力 EV用増産、資本効率も向上

2019/12/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ロームは次世代材料「炭化ケイ素(SiC)」を使ったパワー半導体の増産に乗り出す。総投資額は600億円規模になるという。電気自動車(EV)の省力化を支えるほか「脱家電」の戦略につなげる。11月には新株予約権付社債(転換社債=CB)発行と自社株買いを組み合わせて発表し、資本効率を高める姿勢をアピールしたばかり。自己資本比率が9割に迫るキャッシュリッチ企業の財務が動き出した。

ロームによると、シリコン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]