/

この記事は会員限定です

国連観光・文化京都会議「観光客・住民 双方に利益を」

宣言を採択

[有料会員限定]

国連世界観光機関(UNWTO)と国連教育科学文化機関(ユネスコ)が主催する国際会議「国連観光・文化京都会議2019」が12日から2日間にわたり、京都市内で開かれた。最終日の13日には「京都宣言」を採択。観光、文化と地域コミュニティーの3者の適切なバランス管理を求める「京都モデル」の推進を世界に呼びかけた。

京都宣言では「観光からの利益が文化資源とコミュニティーの福祉の向上に確実に還元されるようにす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン