ブラックホール囲む惑星 鹿児島大・国立天文台、理論的に予測

2019/12/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

太陽を中心に周回している地球のような惑星が巨大なブラックホールの周りにもある――。「惑星は恒星の周りにある」という常識とは違う新しい理論を、鹿児島大学の和田桂一教授と塚本裕介助教、国立天文台の小久保英一郎教授のグループが米専門誌で提案した。

銀河の中心にある巨大なブラックホールと惑星の形成は、これまで関係しているとは考えられていなかった。研究グループは巨大なブラックホールを取り巻く円盤に、惑星の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]