/

この記事は会員限定です

出口狭まるスタートアップ 評価高騰、M&A3割減

IPO、小型案件は敬遠

[有料会員限定]

スタートアップ企業の創業者や株主が投資資金を回収する出口戦略(エグジット)が、試練に直面している。M&A(合併・買収)や新規株式公開(IPO)のハードルが高くなっているからだ。「カネ余り」のベンチャーキャピタル(VC)が投資を拡大し企業価値は高騰しているが、そのことがかえって出口を狭めている面がある。出口が見えず漂流する企業が続出すれば、日本の経済成長にも影響が広がるだろう。

未上場のスタートアッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1962文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン