M&Aや投資活動への影響 4社が買収・売約断念 審査の遅れや不承認で

2019/12/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米中摩擦の激化は、日本企業のM&A(合併・買収)や、投資活動にも影響を及ぼすようになっている。

今回の調査で、安保上の懸念の高まりによって企業の買収や売約などを断念したと回答した企業はのべ4社だった。複数回答で理由を聞いたところ、2社が「CFIUSなど米投資規制」と答えた。米輸出規制と米制裁関税が理由だと答えたのはそれぞれ1社だった。

米投資規制が厳格になり、CFIUSの審査が及ぶ範囲が広がるに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]