ラグビーW杯、収入48億円増 8月予算案から

2019/12/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は12日、東京都内で理事会を開き、収入、支出とも678億円とする収支見込みを報告した。チケット販売の増加などで8月の予算案から48億円増えた。財務上は収支均衡だが、実際は10億円以上とみられる余裕の資金が出るため、嶋津昭事務総長は「レガシー的な事業を進…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]