/

この記事は会員限定です

ビッグデータでエネ問題解く

東工大教授 伊原学氏

[有料会員限定]

地球温暖化防止や原子力発電所の事故を受け、エネルギー利用が変革期にある。東京工業大学はビッグデータや人工知能(AI)を活用してその解を探る新たな研究・教育組織を設けた。代表の伊原学教授は「産業界の協力も得てエネルギー利用の最適解を導きたい」と話す。

エネルギーを巡る状況は世界で大きく変化している。ひとつの要因が温暖化防止のためのパリ協定の目標達成へ各国が動き出したことだ。日本も2050年までに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り587文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン