小泉環境相、石炭火力廃止踏み込まず
COP25で演説、脱炭素へ苦しいかじ取り

2019/12/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【マドリード=安倍大資】第25回気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)は11日、閣僚級会合を開き、小泉進次郎環境相が演説した。石炭政策への国際批判を意識し、これまでの削減実績や自治体の取り組みなどを強調した。ただ石炭火力発電の廃止など脱炭素に向けた具体策には踏み込まず、現状の温暖化ガス削減目標の上積みも見送った。環境派を自任する小泉氏は苦しい立場に置かれている。

「COP25までに石炭政策に…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]