ロシアの処分、実は手ぬるい? 東京五輪、全面排除避ける WADA、強権発動せず

2019/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界反ドーピング機関(WADA)がロシア選手団を五輪・パラリンピックや各競技の世界選手権などの主要大会から4年間除外する処分を決めた。厳罰が下されたとする見方が広がっているが、実際は国としての出場や国旗、国歌の使用を禁じ、個人資格での参加は認めた18年平昌大会と変わりはない。

16年リオデジャネイロ大会でWADAはロシアの全面排除を勧告。だが、国際オリンピック委員会(IOC)はそれに従わずに判断…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]