イオンモール、脱プラ本格化 国内外で紙製ストローに

2019/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

イオンモールは脱プラスチックの動きを国内外で本格化する。11月からベトナムの全商業施設を対象に、フードコートで使うストローをコメ由来や紙製に段階的に変更。日本でも2施設で実験を始め、2020年には全142施設に広げる。食器類などの変更も検討しレジ袋は出店企業が有料化する見通しだ。環境問題への対応は事業の成長に不可欠で、企業として率先して取り組む。

イオンモールの吉田昭夫社長は「東南アジアの消費者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]