インテル、量子計算向け半導体開発 制御機器を小型に

2019/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米インテルは9日、量子コンピューターでの利用を見込む半導体を開発したと発表した。量子計算に使う「量子ビット」を制御するための半導体で、現在の量子コンピューターで使われている制御用の電子機器を簡素化できる可能性があるという。10月に米グーグルが「量子超越性の達成」を公表して以降、IT(情報技術)業界で量子技術研究の進捗を公表する動きが目立っている。

インテルが発表したの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]