/

この記事は会員限定です

MMT理論の矛盾

[有料会員限定]

黒田東彦日銀総裁の異次元緩和が始まって7年。株価の高騰はあっても物価や消費、経済成長など実体経済への効果は見えてこない。同様の金融緩和策は米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)でも行われたが、やはり効果は見えない。その結果、学界でも政策当局でも財政への関心が高まっている。金融でだめなら財政緩和というわけだ。

中でも極論は、無制限の財政ファイナンスを主張する現代貨幣理論(MMT)だ。この...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン