知事容認「積極的な情報公開を」

2019/12/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

北海道の鈴木直道知事は10日、日本原子力研究開発機構による幌延深地層研究センター(幌延町)の研究期間を延長する計画案を容認する方針を明らかにした。同日の道議会予算特別委員会で「計画案は三者協定にのっとっており、9年間で必要な成果を得て研究を終了するものと受け止め、受け入れる」と述べた。

延長を認める理由について、鈴木知事は毎年度の計画や実績だけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]