欧州株式市場に時短論
「1時間半短縮」金融2団体が提言

2019/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

欧州の証券取引所に取引時間の短縮を求める議論が浮上してきた。金融2団体が現在より1時間半短くすべきだと提言し、議論に入った。欧州の取引時間は米国やアジアと比べて長い。取引時間は長ければ、売買を呼び込みやすくなる。一方、多様で優秀な人材の確保には働く環境の改善も必要だ。欧州が証取の競争力維持と担い手の負担軽減を両立させた「解」をいかに描くのか。世界の証取が注視している。

英国の資産運用会社でつくる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]