日印物品協定「準同盟」を象徴 首相、インド訪問で大筋合意目指す

2019/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相は15~17日にインドを訪問し、モディ首相と会談する。自衛隊とインド軍が物資や役務を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)の大筋合意を目指す。安全保障で「準同盟」関係の象徴と位置づけ、共同訓練などを通じ中国への抑止力を強化する。経済面で16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉に残るよう呼びかける。

安倍首相とモディ氏は相互訪問を重ねる。今回のインド訪問は首都ニ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]