/

この記事は会員限定です

横浜市立大 データサイエンス学部

医療分野 行政と連携

[有料会員限定]

ビッグデータという言葉が身近になってから久しい。インターネット上などに蓄積された膨大な量のデータを指す言葉で、横浜市立大学は2018年4月、データ解析を通じて多分野の課題解決を図るデータサイエンス学部を首都圏で初めて開設した。

経済活動におけるデータ解析の重要度は加速している。「いずれ誰しもがビッグデータの恩恵にあずかる世の中になる」と田栗正隆准教授は先を見据える。次世代の人材育成だけではなく、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン