地銀、危うい投信依存 決算優先で運用にゆがみ

2019/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

上場する地方銀行78行・グループの2019年4~9月期決算は地銀が投資信託の運用に依存するリスクを浮き彫りにした。およそ9割の69行が投信の解約益によって本業の利益を膨らませていた。うち11行は利益の3割以上を投信解約益が占めた。市場関係者からは「収益環境が厳しいなかで投信が目先の決算数字づくりに利用されている」との見方が出ている。

地銀による投信運用の実態は11月にまとまった19年4~9月期決…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]