迫真宅配危機を越えて(2) ヤマト、値上げの誤算

2019/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「経営陣があぐらをかいた結果。(宅配便の生みの親の)小倉昌男は今ごろ泣いてるでしょうね」。故・小倉昌男が社員に説いた「サービスが先、利益は後」という経営哲学を思い浮かべ、西日本で働くヤマト運輸の50代の男性ドライバーはこう嘆く。消費者に荷物を届けるドライバーの間で、荷主の「ヤマト離れ」が実感として広がっている。先行きを悲観して、地元のよく知る同僚はこの1年で3人が辞め、同業他社に移った。

ヤマト…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]