アステラスの大型買収、10年前は成功 遺伝子治療強化 鈍い株価…見返せるか

2019/12/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アステラス製薬が3日、約30億ドル(3200億円)を投じ、米創薬ベンチャーで遺伝子治療技術を持つオーデンテス・セラピューティクスを買収することを決めた。約10年ぶりの大型M&A(合併・買収)に対し、株価の反応は鈍い。10年前の大型M&Aはその後、一時は製薬トップに上り詰める原動力となった。成功は再現できるのか。

「自分たちだけでは、いつになったら良いやり方ができるか分からなかった」。岡村直樹副社…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]