/

この記事は会員限定です

アステラスの大型買収、10年前は成功

遺伝子治療強化 鈍い株価…見返せるか

[有料会員限定]

アステラス製薬が3日、約30億ドル(3200億円)を投じ、米創薬ベンチャーで遺伝子治療技術を持つオーデンテス・セラピューティクスを買収することを決めた。約10年ぶりの大型M&A(合併・買収)に対し、株価の反応は鈍い。10年前の大型M&Aはその後、一時は製薬トップに上り詰める原動力となった。成功は再現できるのか。

「自分たちだけでは、いつになったら良いやり方ができるか分からなかった」。岡村直樹副社長は遺伝子治療で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り832文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン