/

この記事は会員限定です

改革の方向、一致は困難

横浜国大教授 荒木一郎氏

[有料会員限定]

――米国からの批判が世界貿易機関(WTO)を機能停止に追い込んでいます。

「WTOの発足に際しても、米国では主権の制約を心配する声が強かった。それを自由貿易志向の官僚が抑え込んできたが、ついに本音が出てきたのが最近の状況だ」

「米国では保守派も進歩派もWTOに不満を抱いている。例えば次の大統領選で左翼的な主張を持つ候補が当選したとする。今度は左派からの改革提案が出てくるかもしれないが、それは違う意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン