/

この記事は会員限定です

WTO機能不全の危機 識者に聞く 委員選び、多数決方式に

前事務局長 パスカル・ラミー氏

[有料会員限定]

世界貿易機関(WTO)の「最高裁」にあたる上級委員会のメンバー(定員7人)の2人の任期が10日で切れ、残りはわずか1人と、審理に必要な人数を下回る。加盟国が上訴した案件の審理は事実上できなくなり、通商紛争の解決機能が停止する。ポイントや今後の対策を識者に聞いた。

――米国が一方的に上級委員の補充や再任を拒否し続けています。

「容認しがたい脅迫で、国際関係でやってはいけないことだ。判決内容と制度自体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン