新車の値引き原資「奨励金」、米で10%増 日系や米系、販売停滞

2019/12/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国の新車市場で値引きの原資として自動車メーカーが販売店に払う奨励金が増加傾向にある。米ALGによると、2019年10月の業界平均の奨励金は年初比で10%増えた。日産自動車や米フォード・モーターなど日系や米系大手が増加の中心で、11月には業界平均の奨励金が単月で過去最高になったとの見方もあり、米新車販売の停滞が改めて浮き彫りになった。

10月の奨励金の業界平均は3896ドル(約42万円)で1月と…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]