羽生、4回転半に意欲 世界選手権でGPの雪辱期す

2019/12/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【トリノ=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル男子で2位だった羽生結弦(ANA)が一夜明けた8日、トリノで取材に応じた。宿敵ネーサン・チェン(米国)の3連覇を許し、雪辱の機会となる世界選手権(来年3月・モントリオール)を見据え、世界で誰も成功していないクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を演目に入れるために「頑張ります。そのつもりで」と意欲を示した。

今回は憧れのエフゲニー・プ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]