「水面下の対話が機能」 今村卓・丸紅経済研究所所長

2019/12/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

今村卓・丸紅経済研究所所長 今回の拘束者の相互釈放により、米国とイランの間に水面下で対話するチャンネルが機能していることがわかった。これは今後の関係改善に向けたひとつの明るい材料として一定の評価はできる。

米国側の意図としては、トランプ米大統領にとって最重要の大統領選が2020年秋に控えていることが大きい。オ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]