/

この記事は会員限定です

(専門家の見方)「表面的な外交辞令」

松永泰行・東京外国語大学教授(イラン政治)

[有料会員限定]

松永泰行・東京外国語大学教授(イラン政治) 今回の拘束者の相互釈放がイランと米国の関係改善につながると期待するのは早計だ。釈放されたのは、大学院生と科学者といずれも拘束を続けるだけの重要度が高くなかった。

トランプ米大統領、ザリフ・イラン外相ともに双方の対応を評価してみせたが、表面的な外交辞令の域を出るものではない。イ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り161文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン