医薬用の極小カプセル工場完成 富士フイルム系、富山に

2019/12/10付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

富士フイルムのグループ会社である富士フイルム富山化学は9日、国内初のリポソーム製剤の専用工場が完成したと発表した。同製剤は医薬品を閉じ込めて体内の標的に届ける極小のカプセルで、まずは抗がん剤を閉じ込めたものを2024年度をメドに米国で発売する計画だ。

約50億円を投じて建設したリポソーム製剤を作る701工場(富山市)は、地上2階建てで延べ床面積は約3400平方メートル。

生産能力は非公表としてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]