/

この記事は会員限定です

米・イラン、関係改善なお壁 拘束者を相互釈放

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮、ドバイ=岐部秀光】対立を続ける米国とイランの間で拘束者の相互釈放が実現した。トランプ米大統領とイランのザリフ外相は双方の対応を評価し、関係改善への期待も浮上する。しかし、米国による経済制裁やイランの核やミサイルの開発問題をめぐる双方の不信感は根深く、相互の歩み寄りは難しいのが実情だ。

釈放は7日、両国政府がそれぞれ発表した。イランは2016年にスパイ容疑で拘束した米国人大学院...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン