御前崎市の産廃処理施設計画 住民投票で「反対」9割 市長「事業者に断念強く要請したい」、事業者「真摯に受け止め努力続ける」

2019/12/10付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

静岡県御前崎市で8日、産業廃棄物処理施設の建設計画の賛否を問う住民投票が行われ、反対票が有効投票数の約9割を占めた。同市の柳沢重夫市長は9日、「建設計画の断念を(産廃処理事業者に)強く要請したい」と話した。産廃処理施設の建設の許認可権は知事が持ち、投票結果に法的拘束力はない。

投票は8日午前7時~午後8時に実施し、投票率は60.81%だった。有効投票数は1万5974票で、反対が1万4409票だっ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]