愛される旋律 管弦楽に
映像音楽「劇伴」作曲家が新風

2019/12/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

「劇伴」と呼ばれる映画やテレビの劇中音楽出身の作曲家が、管弦楽や交響曲でも脚光を浴びている。劇伴で培った親しみやすい作曲で難解な印象の強い現代の管弦楽に新風を吹き込む。

「交響曲は自分を100%さらけ出す作業。力がないと太刀打ちできない。今42歳だが、この年になってようやく書く資格を得た気がする」。映画「3月のライオン」やNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」などの劇伴を手掛けてきた作曲家の菅野祐悟はそ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]