「Jリーグ中堅と同価値に」 Bリーグチェアマン 大河正明氏

2019/12/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

16年秋にBリーグが誕生する際、営業収入2億5000万円以上が最上位のB1に振り分けられる条件だった。そこから3シーズン。今回の決算でB1トップの千葉の収入は約17億6000万円となり、三河、A東京、宇都宮、大阪の5クラブが12億円を超えた。

B1全クラブの平均も9億2000万円まで伸び、全クラブの今季の収入は平均10億7000万円となる見込み。プロ野球、Jリーグに次ぐ第3のプロスポーツとして着…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]