羽生、大差つけられ2位
フィギュアGPファイナル男子 4回転5度着氷で意地

2019/12/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【トリノ=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は7日、トリノで行われ、男子でショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)はフリーも2位の194.00点となり、合計291.43点で2位だった。4連覇した2016年大会以来3年ぶりの出場だったが、男女を通じて史上初の5度目の頂点には届かなかった。

ネーサン・チェン(米国)がSPに続いてフリーも1位の224.92点をマーク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]