春秋

2019/12/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「手りゅう弾」と聞けば、頭に浮かぶイメージは、どこか海外の戦場だろうか。だがこの軍隊の武器が日本の街なかで、しかも一般の市民に向かって使われたことがある。北九州市で2003年、暴力団の排除に取り組む店に投げ込まれ、従業員11人が重軽傷を負った。

▼北九州ではその後も、企業幹部の自宅が手りゅう弾で狙われるといった事件が相次ぐ。福岡県警が「発見したら踏んだり、触ったり、蹴飛ばしたりしない」と注意を呼び…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]