ニュース フォーキャスト13日、12月の日銀短観 設備投資 増勢保てるか

2019/12/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日銀は13日、12月の全国企業短期経済観測調査(短観)を発表する。米中貿易摩擦の長期化で世界経済の下振れリスクがくすぶるなか、大企業の景況感は製造業で4四半期連続の悪化が見込まれる。小売りなどの非製造業も10月の消費増税後に生じた駆け込み需要の反動減が響いている公算が大きい。企業心理の悪化が国内経済を支える設備投資の変調につながっていないかが焦点になる。

短観は3カ月に1度、日銀が全国の約1万社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]