米雇用 11月26万人増 市場予測大きく上回る FRB、利下げ休止へ

2019/12/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米労働省が6日発表した11月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月比26万6千人増えた。市場予測(約19万人)や前月実績(15万6千人)を大きく上回り、米連邦準備理事会(FRB)は利下げを休止する見込みだ。ただ、トランプ大統領の支持基盤である中西部の製造業は雇用が弱含み、政権に焦りもある。

失業率は3.5%と前月比0.1ポイント…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]