/

この記事は会員限定です

防衛費、過去最大5.3兆円に 来年度予算案

政府調整 「将来戦闘機」開発100億円

[有料会員限定]

政府は2020年度当初予算案の防衛関係費(米軍再編経費を含む)を過去最高の5兆3000億円規模とする方向で最終調整に入った。日本主導で開発を目指す「将来戦闘機」について初めて開発費を計上し、100億円超とする。政府が検討を進める自衛隊の中東派遣にかかる経費も当初予算案に盛り込む可能性がある。

政府は予算案を今月下旬に閣議決定する。19年度予算の5兆2574億円を上回り、防衛費の増額は8年連続になる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン