国産AI開発 東大に支援 ソフトバンク、10年で200億円

2019/12/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンクは6日、東京大学と共同で人工知能(AI)の研究所を設けると発表した。基礎研究に加え、先端医療など応用研究も進める。今後10年間で200億円規模を支援する。両者は研究成果を生かすスタートアップ企業の共同立ち上げも検討する。米国、中国に比べて遅れが目立つ日本のAI開発をてこ入れし、世界で通用する「国産AI」を育てる。

両者で「Beyond(ビヨンド)AI研究所」を2020年度内に立ち上げ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]