/

この記事は会員限定です

「初期化だけでは不十分」

総務省自治体向けガイドライン、データ消去徹底求める

[有料会員限定]

総務省の自治体向けのガイドラインでは情報機器を廃棄、返却する場合、ハードディスクを復元困難な状態にするなどデータ消去を徹底するよう求めている。

消去方法は「初期化だけでは復元される可能性がある」とし、専用ソフト使用や物理的破壊などを紹介。消去作業に職員が立ち会うことまでは求めておらず、同省の担当者は「保存する情報の機密性などに応じて判断している」と話す。

情報セキュリティ大学院大の湯浅墾道教授(情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン