HDD取引価格、下落続く
10~12月1%安 パソコン向け縮小 SSDに置き換え進む

2019/12/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

パソコンなどの記憶装置、ハードディスク駆動装置(HDD)の取引価格の下落が続いている。10~12月期の大口需要家向けは、前四半期に比べて1%前後のマイナスで決着した。下落は4四半期連続だ。パソコン向けは競合する記憶装置への置き換えが加速している。ただ、IT大手のデータセンター向けは回復基調にあり、需要は底堅い。

デスクトップ型パソコンなどに使う3.5型では、指標品の1テラ(テラは1兆)バイト品が…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]