/

この記事は会員限定です

JR東、新幹線基地を10メートルかさ上げ

浸水対策で長野の施設

[有料会員限定]

JR東日本が台風19号で浸水被害に遭った長野市の新幹線車両センターの主要施設をかさ上げする方針を固めたことが6日、分かった。地元のハザードマップに基づいて、2020年にも10メートル程度かさ上げするもよう。費用はこれから算定するが数十億円規模になるとみられる。各地で大規模な自然災害が起きる中、企業が自社の中核設備の対策を急ぐ重要性が改めて浮き彫りになる。

新幹線車両センターは台風19号による千曲川の氾濫で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン